2007年09月23日

林家テリ平の落語

テリー伊藤が「林家テリ平」の高座名で落語家デビューしました。林家たい平の独演会に弟子としてゲスト出演し、古典落語「湯屋番」を披露。師匠も驚く落語センスで客席は爆笑だったようです。

子供のころから落語好きというテリー伊藤さんは、この日のためにあつらえた紺色のつむぎで高座に上がり、演目「湯屋番」を披露しました。「湯屋番」は勘当されて湯屋の番台を務めることになった若だんなのドタバタを描くこっけい噺。持ち前のお笑いセンスは落語でも発揮され、客席にいた林家一門の林家ペーも「すごいうまい。本当に初めてなの?」と第絶賛だったようです。テリー伊藤さん、トーク上手いですからね。落語が上手でも不思議ではないかな。雰囲気的にも落語は合っている気がする。

テリー伊藤さんの落語家デビューは、ラジオ番組で共演しているたい平に夢として語ったことから実現したようで、この日のため、4、5回稽古したんだとか。たった4、5回の稽古で本番に臨めちゃう度胸がすごいね。余興ではたい平と二人羽織を披露し、羽織の後ろに入ってたい平の顔面にケーキの生クリームを押し付けるなど、落語というか王道のバラエティー色の笑いもあったみたいですね。

テリー伊藤さんの落語は見てみたいな。今までの落語とは違う新しい笑いが見れそうな気がします。次への意欲も見せているみたいなので、本格的に落語家デビューしないかな。
posted by tre at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | タレント 芸能人の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。