2007年10月02日

沢尻エリカの謝罪

沢尻エリカさんの舞台あいさつが話題ですね。主演映画「クローズド・ノート」の初日舞台あいさつでの横柄な態度は見ていてすごかった。あんな態度をお客さんの前でとる女優がいることに驚きです。

そんな沢尻エリカさんですが、自身の公式ホームページで全面謝罪。「関係各位の皆様には、多大な迷惑をおかけした事をお詫び申し上げます。諸悪の根源は全て私にあるもので、それを踏まえた上で、責任を取る考えです。人として、まだまだ未熟だったゆえの事だと思います」など反省の言葉がつづられました。

謝罪文については沢尻エリカさん本人が考えたそうで、事務所では一切、手を加えていないんだそうです。これほどの騒ぎにならないとわからないものかなぁ。

休業なども考えられなくもないわけですけど、どうなるんでしょう。

舞台あいさつは、司会を務めた同じ事務所の元フジテレビアナ、富永美樹さんがとても大変そうでしたね。「印象に残ったシーンは?」と聞かれ「特にないです」とか言ってましたね。そういえば沢尻エリカさん、宣伝のため色んな番組に出てましたけど、どの番組でも見所を聞かれた時、普通の話です…みたいに言ってたなぁ。宣伝する気あるのか?と思いながら聞いてましたけど、実際どうでもいいのかな?

あと出演する番組によっても全然テンションが違うことに驚いた。ナイナイサイズとか、メントレなんかでは笑顔だったけど(足組んでたけど)、ラジかるなんかは機嫌が悪くて酷かったですね。ホントに子供というか…。

テリー伊藤さんは、舞台あいさつの批判を何故か擁護していたけど、ほとんどの人に印象の悪い舞台あいさつだったと思うな。

集合写真の撮影でも腕を組んだままで、映画の看板も竹内結子さんなどの他の共演者に持たせていたのもスゴイ。共演者の方々は、どう思っているんだろう?


司会を務めた富永さんのブログでは「同じ事務所に所属するモノとして、少しでもいい印象で終われるようにしてあげたかった…」となんともやりきれない言葉が。しかも何故か削除されてるし…。

「クローズド・ノート」は、4日に韓国で開幕する第12回釜山国際映画祭での公式上映を控えていて、沢尻エリカさんは、行定監督と出席するはずでしたが、今のところ未定とのこと。行定監督の映画ということで期待していた人も多かったと思いますけど、なんかがっかりですね。

この件で沢尻エリカさんが、大人になってくれたら良いですけどね。
posted by tre at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | タレント 芸能人の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58426268

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。