2007年07月20日

モデルスクール

モデル事務所とは、所属しているモデルたちの仕事を見つけて斡旋してくれるところです。

その仕事で、所属モデルは収入が得られます。そしてその収入の一部がコミッションとして差し引かれ、モデル事務所の収入となります。

当然仕事がきそうな、素質や可能性のある人を、モデル事務所は所属モデルとして選定することになります。

一方モデルスクールは、モデルを養成するための学校ですから、授業料を支払うことになります。学校側からすれば、授業料を支払ってくれれば誰でもいいわけですから、その人がモデルの素質があるかどうかは問わないことになりますね。

モデル事務所とモデルスクールでは、お金の出入りが逆であること、そしてモデルの素質が問われるかどうか、全然異なりますので理解しておく必要があるでしょう。

モデル事務所が仕事を探す際に、宣伝として使うコンポジット・カード(モデルの撮影サンプル)の作製料は、モデルの自己負担です。しかし、仕事がとれるようになるため受講が必須として受講料を請求されたり、所属の登録料を請求されたりした場合もあるので、よく状況を見極めて、時間とお金を無駄にしないように注意する必要があります。

ラベル:モデル
posted by tre at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

モデル事務所

モデル事務所と聞くと、なんか騙されそうと思ってしまうのは、偏見だとは思いますが、実際、いいモデル事務所を探すというのは、それなりの手間暇・労力をかける必要があるようです。

モデル事務所を探す方法は、ファッション雑誌で調べたり、電話帳やインターネットで調べたり、モデルの友だちがいるなら教えてもらうという方法があります。またオーディションを開催する場合があるので、その開催情報でモデル事務所をチェックするという方法もあります。あるいはスカウトされる、というのも方法といえば方法でしょう。

どの方法にしても、巡りあったモデル事務所が「まとも」とは限りませんので、信用調査は怠らずに。モデル事務所は、モデルの仕事を斡旋するところ=モデル料を支払ってくれるところですから、やたらと出費が多いとなるとご用心でしょうね。

ラベル:モデル
posted by tre at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーモデルの美しさ

スーパーモデルは美しい。いや、もともとファッションモデルですし、その中でもトップクラスなわけですから、美しいのは当然なのですが。

スーパーモデルの美しさというのは、流行に左右されないところでしょうか。流行の服装、流行の容姿、流行の言葉、現代は「流行」に視点をおけば、あまりにめまぐるしく動いている世の中です。

スーパーモデルという人たちは、その「流行の」服装やデザインをデモンストレートする立場でありながら、その流行の波に流されず、どんな流行の中にいても、自分を美しく見せてしまうようです。流行がスーパーモデルにひれ伏すという感じですかね。

ファッションモデルの通常の寿命は5年ともいわれていますが、スーパーモデルの中には10年以上も第一線、という人もいます。スーパーモデルという人たちは、目先にとらわない何かをもっている人たちなんでしょうね。

posted by tre at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

モデルのオーディション

モデルの第一関門ともいうべきオーディション。このオーディションに通らないことには、モデルへの道は始まらないですね。

オーディションといっても、それに受かればメジャーデビューとか、即○○のモデルと内容が決まっているようなオーディションから、モデル事務所が所属モデルを選定するためのオーディションまで様々なものがあります。

どのオーディションにしても、まずは書類選考があり、それをクリアした人が2次審査として面接やカメラテストを受けることになるようです。

就職活動と違うところといえば、提出書類に、顔と全身(あるいは上半身も)の写真があることでしょうか。履歴書に身長・体重・スリーサイズを明記させられるオーディションもあります。

モデルですからね。そんなスリーサイズを明記するのをためらうようじゃ、セクハラだ!などと思ってしまうようじゃ、モデルになんてなれないんですね。

posted by tre at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファッションモデル グラビアモデル

モデルといえば、ファッションモデルを想像しがちですが、顔を含む全身のモデルだけではなく、手のモデル・目のモデルといったパーツのモデルというのもありますね。

全身のモデルの場合、ファッションモデルの他、グラビアモデルというのもあります。男性雑誌には欠かせない存在のグラビアモデル、ですね。

ファッションモデルと違ってグラビアモデルは、まず修正がききます。とはいっても、元とかけ離れるところまでは無理なので、やはりルックス・体型が重要で、かつ水着必須のため、水着が似合うことが必要です。一方、雑誌の中ですから、ファッションモデルと違って身長はそれほど要求されません。

ファッションモデルは、自分が目立つというより、服をどこまで魅力的に見せるかのデモンストレーター。グラビアモデルは、まあ、男性雑誌の購買を増やすという意味ではデモンストレーターともいえますが、アイドルに近い存在かもしれませんね。

ラベル:モデル
posted by tre at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

スーパーモデル

モデルの中のモデルといえば、スーパーモデルといわれる人達。モデルというだけでも華があるのに、スーパーがつくと本当にゴージャスですね。

スーパーモデルという言葉が誕生したのは80年代の後半といわれています。パリ・コレなどの世界的なコレクションで活躍するファッションモデルのうち、トップモデルのことを、スーパーモデルというのが多いようですが、最近は安易に使われ易いのかな。

本物のスーパーモデルというのは、リンダ・エヴァンジェリスタ、ナオミ・キャンベル、シンディ・クロフォード、クリスティー・ターリントン、クラウディア・シファーの5人、ともいわれてます。いずれもファーストネームだけで、ああ、あの人かと浮かぶほど超有名ですね。

破格の収入があって、コンスタントに一流どころからの仕事依頼があって、カリスマ性がある。単にスタイルがいい、美人なモデルなだけではないスーパーモデル、かなりかっこいいですね。

posted by tre at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | モデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファッションモデルのお仕事

ファッションモデルときくとどんな印象をもちますか。

ファッションモデルといえば、女性のモデルをついイメージしてしまいますが、男性モデルも確かにいますよね。

どちらにしても、スタイルがいい、細い、背が高い、センスがいい、といったあたりは共通しているように思います。

モデル体型といえばスレンダーで足が長く、背が高く顔が小さい、ですよね。また(女性の場合)胸が小さい人も多いようです。これだけに着目すれば、ファッションモデルというのは、そういった体型さえもっていれば簡単になれそうに思えてしまいますが、ファッションモデルに最も必要なのは、体力ときいたことがあります。

ファッションモデルは、体力のみならず精神力もかなり必要だと思います。舞台に立つモデルならば、舞台での失敗は許されないですし。また雑誌のモデルにしても、寒いとか暑いとかいろんな条件下で撮影したりします。

一見華やかそうでも、苦労もあるんですよね。それをカメラの前や舞台の上では、微塵も気取らせない「精神力」が、ファッションモデルをかっこよく見せているのではないでしょうか。

ラベル:モデル
posted by tre at 20:48| Comment(0) | TrackBack(2) | モデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。